スピリチュアルなラーメン

d0023936_2151455.jpg
「青いポスト」から届いたお食事券で、長崎屋裏の『らー麺 三上屋本店』に行って来た。もちろん初めての店。店内は狭いが、清潔。肝心のラーメンのお味は微妙であった。店主は体の大きい江原啓之。食事の最後にはサービスでKazにアイスクリームを出してくれた。客は僕たちの他に若い人が一人。味はもう少し!というところではあるが、店主はとても人が良く、がんばってほしいな、と応援したくなる店であった。だけど、本店、ってことは支店もあるの…?


その後大沼に行き、白鳥台セパレットに向かった。たくさんの人がいた。
しばらく白鳥を眺めた後、流山温泉に行った。半額クーポン券を利用したため、半額の400円で入れた。今日は各所割引三昧だ。っていうかこの温泉、半額とかじゃないと普通行かないでしょ、高くて。お湯は源泉でなかなかの泉質だが、道南の日帰り温泉の殆どが銭湯価格390円の中、高い。館内は彫刻家流政之さんが監修しているため独特の雰囲気があるが、いまいちコンセプトが中途半端。もうしばらく行かないんだろうなあ。Kazはかかと女風呂に入った。入浴後は電車の客室に大喜びであった。
d0023936_2153244.jpg
d0023936_2154316.jpg

[PR]

by kotasumi | 2007-01-29 21:35 | 日記  

<< 暖冬 新婚カップル >>